風合いや色の変化が楽しめる天然木

風合いや色の変化が楽しめる天然木

ウッドデッキは全て天然の木を使って作られていると思っている方もいらっしゃると思いますが、
樹脂を原料としているウッドデッキもあります。
樹脂にすることによって防水性や耐久性を高めて、
長く使用することが可能になります。
樹脂の技術も向上していることから見た目は
天然の木を材料として作られたウッドデッキと大差はないのです。
それでもせっかくウッドデッキを取り付けるなら、
天然木にしたいと希望する方が大勢いらっしゃるのです。

 

天然木のメリットは見た目の風合いや木がもつ独特の温かみにあります。
樹脂の技術が進歩して見た目にも
天然木とあまり変わりがない色や風合いを出すことが可能になりましたが、
やはり樹脂と木材とでは見た目や風合いに違いがあります。
それを気にしないなら構わないのですが、
素材にまでこだわる人は樹脂ではなく天然木を選ぶのです。

 

樹脂は10年以上使用しても見た目や風合いに大きな変化がほとんど見られないのですが、
天然木の場合は、時間の経過によって木の色や風合いが変わってくるのです。
それがまた新しい木材にはない深みを持たせてくれるのです。

 

耐久性が高い樹脂には長く愛用できるというメリットがあるのですが、
色や風合いの変化を楽しみたい方は天然木を好みます。
また木は温かみが感じられる素材です。
ウッドデッキの利用方法にもよりますが、
ウッドデッキで日向ぼっこをしたりすることも機会も出てくるでしょう。
外気温が低い冬でも天然木を使用して作られたウッドデッキは、温かみを感じられます。