ハードウッドは耐久性に優れた木材

ハードウッドは耐久性に優れた木材

天然木のもう一つの種類がハードウッドです。
ハードウッドとはソフトウッドと対照的に、木の密度が高く堅さがある木のことです。
日本でハードウッドに分類される私たちになじみの深い木といえば、
ケヤキや栗などですが、世界にはそれよりも耐久性や堅さのあるハードウッドが存在します。

 

ウッドデッキやその他の建材を作る目的で使用するハードウッドは、
主に海外原産の木を意味します。
ハードウッドをウッドデッキの材料として選ぶことによって得られるメリットは、
重厚感のある見た目と耐久性が高いことです。
ウッドデッキいの見た目にも好みがあり、
ソフトウッドのような柔らかく温かみのる見た目を好む方もいらっしゃるでしょう。
ハードウッドはソフトウッドと比べて見た目の重厚感もあるため、
高級感が感じられます。
そういった雰囲気が好きな方にはきっと気に入っていただける素材だと思います。

 

そして耐久性にも優れています。
木の密度が濃いので水や虫による被害を受けにくく、
長くその機能を維持することが可能になります。
実際にハードウッドで作られたウッドデッキの中には100年以上持っているものもあるのです。
ソフトウッドとハードウッドを比べてみると、
材料だけでも価格に大きな差が出てくることがわかります。

 

しかしながらメンテナンスの頻度や再度作りかえる手間は費用の事を考えると、
長い目でみたらハードウッドのほうが断然コストパフォーマンスが高いと言えるのです。
ハードウッドにもいろいろな種類があり、
木の種類によって持っている風合いや耐久性が変わってきますので、
実部を見てみることをおすすめします。