目隠しのフェンスを取り付ける

目隠しのフェンスを取り付ける

ウッドデッキを取り付ける時に、
単にウッドデッキだけでなく取り付けてあると便利な物がいくつかあります。
フェンスもまたあると便利な物の一つです。
家を建てる購入するときに、
日当たりの事を考えて南向きにリビングを設ける家がほとんどです。
そしてウッドデッキもまたリビングに隣接して取り付けるケースが多く見られます。
ところが隣の家との距離が近い、庭が狭くて家の前の道路がすぐに見えると、
リビングやウッドデッキにて過ごしている様子が周りから見えてしまって、
恥ずかしい思いをします。
家にいるときもリラックスできず気が抜けませんし、
だからといってカーテンを閉めっぱなしにしてしまうと、
せっかく南にリビングを構えた意味が無くなってしまいます。
日当たりの悪い場所にリビングを設けてしまうと、
家の中で快適に過ごすことが難しくなります。

 

そこで目隠しのためにフェンスを取り付けるのです。
フェンスにもいろいろなタイプがありますので、
とにかく目線を完全にシャットアウトしたいときは、
隙間の少ないフェンスを選ぶことによって、
一目を気にせずリビングやウッドデッキにて過ごすことが可能になります。
またウッドデッキにて植物を育てる、
家庭菜園をするなどして活用したいときは日当たりがないと困ります。
そんなときは風通しのよいフェンスを選ぶことで、
日当たりの問題とプライバシーの確保を両立させることができるのです。
ウッドデッキを取り付けてそこで快適に過ごすためにも、
フェンスはとても便利です。
適切なタイプのフェンスを選べば、
より良い環境でウッドデッキが使えます。